歯の再生
HOME > 再生医療
~当院における再生医療~
顎骨の再生
歯と共に失くした骨の再生
歯と共に失くした骨の再生 歯と共に失くした骨の再生
歯と共に失くした骨の再生
下顎のインプラント
術前の写真の様に歯周病で脱落した歯の周りの骨は、大きく吸収している場合が有ります。この様な場合、ブリッジを入れるにしても、入れ歯を作るにしても骨が無いことは機能的にも審美的にも大きな問題です。
しかし特殊な材料や方法を使うことによって、ある程度この部分の骨を再生させることが出来ます。再生したら、インプラントを行うことも出来ますし、入れ歯も入れる場合も安定した入れ歯を入れることが出来ます。
歯槽骨の再生
歯の周りの骨の再生
歯の周りの骨の再生 歯の周りの骨の再生
歯と共に失くした骨の再生
歯の周りの骨の再生
術前の写真の様に部分的に歯の周りの骨が歯周病(歯槽膿漏)で吸収している場合が有ります。この様な場合、歯石を取って丁寧にブラッシングしていてもなかなか骨は戻ってきません。このままではこの歯は強い咬合圧には耐えれません。
この様な場合も特殊な材料や方法を使うことによって有る程度歯槽骨を再生させることも出来ます。
同時に汚れが溜まりにくく、清掃しやすい歯肉の形態が得られます。
根尖部の骨の再生
根尖病巣により消失した骨の再生
根尖病巣により消失した骨の再生 根尖病巣により消失した骨の再生
根尖病巣により消失した骨の再生
根尖病巣により消失した骨の再生
抜歯窩の骨の再生 抜歯窩の骨の再生
抜歯窩の骨の再生
抜歯窩の骨の再生
歯の根っこに膿が溜まると、時に強い痛みや、歯肉が腫れて膿がでてくる場合が有ります。この様な時にレントゲン写真を撮ると左の術前の写真の様に根っこの部分が黒っぽく見えます。これは骨が溶けていること(吸収)を表しています。ひどい場合は抜歯に至ることも有ります。
しかしこの様な場合でも、きちんとした処置と、様々な材料を使うことにより、少し時間は掛かりますが、右の術後の写真の様に白っぽい状態(骨が再生した状態)にすることも出来ます。
抜歯窩の骨の再生
抜歯により生じた骨欠損部の再生
抜歯窩の骨の再生
抜歯窩の骨の再生
抜歯窩の骨の再生
抜歯窩の骨の再生
術前の写真の様に、歯が破折した場合は保存することは困難です。しかも放置しておくと、周りの骨は急速に溶けて(吸収して)行きます。
そこでこれを防ぐために抜歯を行います。
そして骨の吸収を抑え傷口を保護するために特殊な材料を用いた処置を行うことにより、抜歯した部分の骨の吸収を抑えることが出来ます。(術後の写真)
こうした処置を行っておくことによって、その後インプラントを行うことも出来ますし、ブリッジを行う場合も凹凸の少ない、清掃しやすい審美的な修復形態を作ることも出来ます。また入れ歯にする場合もより安定した物にする事が出来ます。
移植
失った歯の再生
失った歯の再生
写真左下の部分、大きな虫歯になった歯がありますが、この様な状態の歯は抜歯するしかありません。
ただ右下奧には健康な親不知が有ります。

失った歯の再生
そこで先ずこの左下の虫歯になった歯を抜歯し、そこに右下から抜歯した親不知を埋入します。

失った歯の再生
5年経過後の写真です。修復をして虫歯やかみ合わせの処置をしていますが問題なく使えています。
但し、移植する歯や移植床には様々な条件が有りますのでいつでも出来る訳では有りません。

~お早めに一度当院のカウンセリングをお受けください~

ただし、どの方法も、どんな状態の歯牙やどんな状態の骨に対してでも可能、と言う訳では有りませんので、そうした点については出来るだけ早い段階でよく相談されることが必要だと思います。
いずれの場合も、治療期間や方法、費用については一度当医院を受診して頂き、カウンセリングを受けて頂くことをお勧め致します。